CASE導入事例

CASE 1

株式会社 DEPP

ワークスタイルに適した電話環境の整備で
利便性とセキュリティ向上、コスト削減を実現

同社では、外出の多いコンサルタントのワークスタイルに適したモバイルソリューションとして、ソフトバンクテレコムの「FMCPBX」を導入。
固定電話、携帯電話問わず、すべての内線通話を定額で利用できる環境を整備しました。

課題と効果

課題
IPセントレックス環境を構築し、ソフトフォンを利用していましたが、PCを立ち上げていないと電話が使えない、社外で使用できないなど不便でした。
効果
全社員にソフトバンクの携帯電話を導入。従来の内線番号やダイヤルイン番号を使い、移動中や外出時も携帯電話で社内外の通話が行えるようになったため、ビジネスチャンスが増加しました。
課題
当初はモバイルセントレックスの導入を検討しましたが、導入コストや工期が予想以上にかかることが大きなネックになっていました。
効果
「FMC-PBX」は、低コストかつ短期間で導入が可能。
「おとくライン」とソフトバンクの割引サービス「Wホワイト」を併用させることにより、通話コストも30%以上削減できました。
課題
従来は必要に応じて個人の携帯電話を業務に用いていましたが、盗難・紛失によるお客様情報漏えいの懸念がありました。
効果
導入した携帯電話は安心遠隔ロック機能で、万一の際でも携帯電話のロックやデータ消去が可能。
セキュリティ上のリスクを軽減しました。

導入したサービス

「FMC-PBX」は、PBXの機能を活用し、固定電話と携帯電話をシームレスに連動させ、携帯電話による内線化を実現するソリューション。「おとくライン」とソフトバンクの割引サービス「Wホワイト」を組み合わせることで、固定・携帯電話含めた社員間通話の定額化を実現。従来の内線番号を引き継ぐことも可能です。

サービス紹介へ戻る